VeryLongAnimals

VeryLongAnimalsファウンダー”Akim”とは何者か

みなさん、こんにちはパンダです。
VeryLongAnimalsというNFTに特化したポータルサイト「VeryLongStudyGuide」を運営しています。

私たちベリロンファンのことをベリロナーと呼んでいますが、私もコアなベリロナーの一人と言っていいでしょう。
そんなベリロナーがベリロンのことを布教する際に必ず伝えているのが、ファウンダーのAkim氏の存在です。

しかし、自分では色々なことを知っているつもりでも、改めて人に伝えるとなると大変だな、と日々感じていました。
(昨日も実家で妹にベリロンのことを布教した際には「Akimが~Akimが~」と言って「???」の繰り返しでした。)

・・・そんなタイムリーな折、Akim氏に関するベリーロングな良記事を発見したため本サイトでも紹介させていただくことにしました。

(百聞は一見に如かず)早速記事のリンクを貼ります

まずは下記の二本の記事を読んで、必ずこの記事に戻ってきてください。ベリーショートに済ませます。

(前編)

(後編)

記事を書いた人について

いかがでしたでしょうか。内容は記事を読んでいただくとして、私からはこの記事を書いた人について少し言及しておきたい。
記事を書いたのはこの方、小林憲人さん(@kobayashikento

小林さんはベリロンに長く親しんでいる人からすると、伝説的な存在である。
現在、コミュニティーで流通しているポテトに相当するチクワが配られていた際に登場した小林さんは、一気に大量のチクワをかき集めベリロンホルダーに上り詰めた。2022年3月30日のことだ。今では信じられないが、当時の購入価格はわずか0.16ETHでであった。

ちなみに現時点のVeryLongAnimalsの最低価格は8.8ETH(2022年9月4日時点)である。

チクワをかき集め小林さんが手に入れたカンガルー

そんな小林さんが経営する会社が運営するメディアこそが、nft-mediaだ。こちらのウェブメディアではVeryLongAnimals以外にも、NFTの最新ニュースを取り上げており国内でも非常に有力なメディアの一つとなっている。

ちなみにベリロン関連でおこなわれた大規模オフ会イベントについてもさっそくルポが掲載されていたのはさすがである。

普段、小林さんはTwitter上ではベリーロングにまつわる面白いネタから、新規事業のことなどつぶやいている。小林さんからは今後も目が離せない。これからベリーロングになりたいあなたもぜひ、小林さんをフォローしてみてはいかがでしょうか?

VeryLongAnimals関連URL

VeryLongAnimal Lit.Link:https://lit.link/verylonganimals

VeryLongAnimal OpenSea:https://opensea.io/collection/very-long-animals

VeryLongAnimal Twitter Community:https://twitter.com/i/communities/1498032872757678080

Akim氏 Twitterアカウント:https://mobile.twitter.com/gdvonly

Akim氏 インスタアカウント:https://www.instagram.com/akimunekawa/

  • この記事を書いた人

Daichi

ブログは2021年から趣味で更新しております

-VeryLongAnimals