学生時代に”キムタク”から電話があった話

学生時代に”キムタク”から電話があった話

私がまだ大学生だったころ。
友達と飲んでから深夜に帰宅すると、
見知らぬ番号から着信があった。

出てみると、同世代と思われる男性であった。
相手は名乗りもせずに、
私の名前を言ってきた。
私の家も知っているからこれから行く、という。

知り合いかと思ったが、聞き覚えもない声だ。
それに少々脅迫めいている。

少し怖い気がしたが、
こちらも酔って気が大きくなっているのもあって
「来れるなら来てみろ、待ってるからな。」
と応戦した。

なんやかんや20分ほど話したのは、こちらもしつこく
誰なのか聞き出そうと電話を切らなかったからだ。

相手も一切要件を言わないので何のための電話なのかわからない。

私があまりにしつこく誰なのか聞くもので
最後に、相手も根負けして根を上げた。

とにかく私は、誰なのか、そしてなぜ私の番号と名前を
知っているのか聞きたかったのだ。(当然だ)

電話の男はついに名前を言った。
「キムラだよ」

下の名前を聞くと男は答えた
「タクヤ」

え?

私は言葉を失った。
これはイタズラ電話に違いない。
そう確信して、私は無言で電話を切った。

結局キムラタクヤと名乗る電話の男は家には来ず、
それ以来、その番号から電話が来ることはなかった。

あれはもしかして、本当の”キムタク”だったのだろうか?