仮想通貨<9年間のビットコインチャートをまとめてみた>ざっくり振り返ろう!【初心者でもわかる】

仮想通貨<9年間のビットコインチャートをまとめてみた>ざっくり振り返ろう!【初心者でもわかる】

ビットコインのチャートなど、仮想通貨のチャートを確認したい場合は、
CoinmarketCapというサイトがおススメです。
以下にご紹介するチャートはすべて、このCoinmarketCapから引用させてもらっています。

まずはこのサイトで確認できる、約9年間のチャートを見てみましょう

このチャートを見ていただくと、
過去に2回大きな上昇があったことが解ります。
一度目は2017年で、2度目が2020年の後半です。

このグラフでみると、2020年にとてもつもない上昇をしたように見えます。
じつはそうではありません。渋って申し訳ないのですが、順を追って見ていただいた方が面白いと思うので結論は最後に書きます。
それではいきましょう!

2013年 最初の波

これはコインマーケットキャップで確認できる最も古いビットコインのチャートです。
2013年5月からしか見れないので、2014年5月の1年間を示したチャートです。

2013年の5月から9月までは14000円代が上限でした。(チャートの赤い線、左軸の14.1Kと表示されているところです。)
しかし、9月に入ってから10月23日に2万円(20.0K)をつけるまで価格が上昇し、そこから11月末までに12万円付近(120.0K)まで上昇しました。1か月で6倍近く上昇しました。
ところが、そこから2014年5月までに4.5万円と約3分の1に下落してしまいます。

この年だけでも、6倍になって、3分の1になるというとんでもない値動きをしていますね。
さて、ここからどうなるのか・・・

2014年 失望の年

ここからは各年、1月から12月までの区切りのチャートになります。

2013年12月4日に約12万円の最高値をつけましたが、そこから下落し1月6日に10万円をつけました。
しかし、それ子から盛り返すことはなく、この年は38000円まで一貫して下落していきました。

2015年 安定の年 ほぼ横ばいで1.2倍

4万円を下回ったものの、ほぼ横ばいのまま推移していました。

10月ころから徐々にはっきりした上昇トレンドになり、終値は5.2万円でした。

2016年 年末にかけ急上昇

2016年は全体として緩やかな上昇というチャート形状に見えますが
6月に一度急な上昇があり、8万円をつけています。
その後も底固く12月31日時点で11万円を超える上昇を見せました。

2017年 記録的な上昇 次元が変わる

過去最大の上昇を見せました。なんと20倍。前年までと比べるとチャートの軸表記がバグっています。

1月時点で約10万円でしたが、4月30日には15万円まで上昇しました。そこからは怒涛の成長を見せ6月には30万円を超え、9月1日に54万円目前でいったん調整し12月7日に200万円を突破しました。
年末の価格は158万円でした。この年の最高上昇率はなんと驚異の20倍でした。

2018年 失望の年

前年の急上昇はどこ吹く風。失望の年でした。

1月6日に198万円まで上昇したものの上がり切れず、2月5日は76万円まで下落しました。
その後も下降トレンドが続き12月31日の終値は41万円代となりました。

2019年 上昇の兆し再び

40万円代から始まり、比較的安定した形状を維持し6月26日に140万円付近まで上昇しました。
そこからは年末まで下落トレンドとなり、78万円で終りました。

しかし、これは今だから思うだけなのですが、このこれまでと比較して緩やかな山のような形。
次の2020年の予兆のような気がしてきます。

2020年 記憶にあたらしい【記録的上昇】

これが昨年の出来事です。
2020年はこのようにキレイに上昇しました。

80万円からスタートし3月12日に52万円を割ったのを底に、4月以降一貫して上昇トレンドが続きました。9月末に200万円を超えました。その後勢いは衰えず、12月31日時点で299万円となりました。
筆者は、ちなみにこの年の12月初頭に人生で初めてビットコインを買いました。もう少し早く買っていれば…(´;ω;`)

しかしながら、そうなんです。冒頭にも書いたのはこのことで、
じつは2017年の上昇に比べると、実はそれほどの上昇率ではありません。
2020年はDefi(分散型金融)バブルと言われ、ビットコインよりもそれ以外のアルトコインと言われる仮想通貨が軒並み急上昇した年でした。

2021年

最後に今年のチャートです。ここまで読んでくださった方、お疲れさまでした。

前年からの上昇トレンドが続いたまま1月に300万円を軽く突破し、4月13日に694万円をつけました。
7月20日の326万円を底に上昇しています。この記事を書いている9月4日時点で545万円となっています。再び上昇しているような状況です。まだまだ底固い印象。こうしてじっくりチャートを振り返って今を見てみると、なんか再びアレな気がしてきますなあ↑

まとめ

以上、2013年から約9年間のチャートを見てきました。

結論として、ビットコインは2017年に最も成長した。
ということがよくわかっていただけたかと思います。

できるだけ、初心者の方でもわかるように書いたつもりですが、いかがでしたでしょうか?
最初にご紹介した
コインマーケットキャップという無料のサイトを使っていますので、ご自分でも
ビットコインやその他興味のある仮想通貨を時々確認してみると面白いですよ。