【簡単入門】Pythonの環境構築をする方法(Windows編)

【簡単入門】Pythonの環境構築をする方法(Windows編)

Windows10環境下で
Pythonの環境を構築する方法をまとめる

最も基本的なやり方はシンプルだ

1 公式サイトからPythonをインストールする
2 コードエディターをインストールする

1 公式サイトからPythonをインストールする

Windows用の最新のPythonをインストールします。
まずhttps://www.python.org/へアクセスしてダウンロードしてください。
記事の執筆時は3.9.6でした

2 コードエディターをインストールする

 

2.1 コードエディターとは?

プログラミングのコードを書く際にはメモ帳などのテキストエディターを使用することも可能です。
しかし、コードエディターを使用するとプログラムのコードを書くのに便利な機能を搭載しています。コードエディターにはいくつか種類がありますので任意のものを使用しましょう。
ここではMicrosoftが提供するVisual Studio Codeという有名なエディターを使用します。

2.2 Visual studio code(以下、VSC) をインストールする

以下のサイトからダウンロードしましょう。(mac版もあります)

https://code.visualstudio.com/

 

2.3 VSCを設定する(拡張機能の追加)

VSCを立ち上げたら2つの拡張機能をインストールします。

2.3.1 日本語化

不要な人は飛ばしてください。日本語化する方法です。

左の拡張機能をクリックして、検索項目に「Japanese」と入れるとJapanese Language Packが出てきます。これをインストールしてください。VSCを再起動すると日本語化されているはずです。

2.3.2 Python入力支援機能

上記と同じ手順でもう一つ拡張機能を入れます。
検索欄に「Python」と入力して、Microsoftと書かれたPythonをインストールします。

この拡張機能により、自動インデント、プログラムコードの自動補完、文法チェックなど入力時にPythonのプログラミングを支援する機能が使えるようになります。

お疲れさまでした。これで基本的なPythonの環境構築は終わりです。
簡単でしたか?

環境構築しなくてもPythonは使える。
Google colaboratelyとAnaconda

ちなみにPython言語を体験するというだけであれば
かならずしもプログラムをインストールする必要はありません。
最も手軽に始められる方法として

Googleコラボレイトリーを使用する方法があります。

以前作って保存していた過去5日の株価を取得するプログラム

これはGoogleのサービスで、Googleドライブの中で実行すると簡単に即時Pythonのプログラミングを使用できます。ドライブ内に保存もできるので、プログラムの作成もできてしっかり使えてしまいます。

さらに、もう一つ有名な導入方法として、Anacondaをインストールするという方法もあります。

Anacondaをインストールすることで自分のPCにPython3だけでなくPythonで機械学習やデータ解析を行うためのパッケージと、コードエディターをまとめてインストールできるようになります。