Programing

Flutter: 初心者でも始められる未来のアプリ開発ツール

はじめに

プログラミングに興味を持ち始めた皆さん!今日は、最近注目を集めているアプリ開発ツール「Flutter」についてお話しします。
プログラミング経験がない方でも理解できるように、できるだけわかりやすく解説しますね

Flutterって何?

Flutterは、Googleが開発したオープンソースのUIフレームワークです。
簡単に言えば、スマートフォンやタブレット用のアプリを開発するための無料のツールキットです。

知人のアプリケーション開発者でもflutterを習得している人が増えてきています。
Flutterは、プログラミング初心者にとっても非常に学びやすいアプリ開発ツールと言えます。

ウィジェットを最小単位としたシンプルな学習曲線、ホットリロード機能、クロスプラットフォーム対応、活発なコミュニティサポート、
そして実践的な学習環境を提供しているのが、その理由です。

プログラミングを始めるにあたり、まずはFlutterを使って簡単なアプリを作成してみることをおすすめします。
あなたのクリエイティビティを活かして、素晴らしいアプリを開発することができるでしょう。

Flutter公式サイト

Dart言語について

Flutter公式ウィジェットカタログ

Flutterのチュートリアル

Flutterの強み

two black smartphones
  1. クロスプラットフォーム開発:
    一度コードを書けば、iOS(iPhone)とAndroidの両方で動作するアプリを作成できます。
    メリットとして、 開発時間とコストが大幅に削減されます。1つのコードベースで2つのプラットフォームに対応するので、
    メンテナンスも楽になります。
  2. 高性能なUI:
    Flutterは高品質なグラフィックスを提供し、美しいデザインのアプリを簡単に作れます。
    ユーザーエクスペリエンスが向上し、使いやすく魅力的なアプリを提供できます。
  3. ホットリロード:
    コードを変更すると即座にアプリに反映されます。
    開発者はすぐにフィードバックを得られ、効率的にアプリを改善できます。

Flutterの将来性

FlutterはGoogleのサポートを受けており、非常に活発に開発が進められています。以下の点からも、その将来性がうかがえます:

  1. 広がる採用企業:
    • 説明: 大手企業もFlutterを採用しており、その技術が信頼されている証拠です。たとえば、AlibabaやBMWなどの企業がFlutterを使ってアプリを開発しています。
  2. 成長するコミュニティ:
    • 説明: 開発者コミュニティがどんどん大きくなっており、情報共有やサポートが充実しています。
      初心者でも安心して学べる環境が整っています。d
  3. Webやデスクトップアプリへの拡張:
    • 説明: もともとモバイルアプリ開発用のFlutterですが、最近ではWebやデスクトップアプリにも対応しています。
      より広範な用途で使えるようになり、開発の幅が広がります。

Flutterの開発の歴史

  1. 2015年 - 初期開発
  • Google内部でFlutterの開発が開始されました。当初の目標は、単一のコードベースでiOSとAndroid両方のアプリを開発できるフレームワークを作ることでした。
  1. 2017年 - Flutter Alphaリリース
  • 5月、Google I/OでFlutterのAlpha版が発表されました。この段階で、開発者は初めてFlutterに触れることができるようになりました。
  1. 2018年 - Flutter 1.0リリース
  • 12月、Flutter 1.0が正式リリースされました。これにより、開発者は安定したバージョンでアプリを開発できるようになり、Flutterの人気が急速に高まりました。
  1. 2019年 - Flutter for WebおよびDesktop
  • Flutter Liveイベントで、Flutter for WebとFlutter Desktopの技術プレビューが発表されました。これにより、モバイルアプリだけでなく、Webやデスクトップアプリも同じコードベースで開発できる可能性が示されました。
  1. 2020年 - Flutter 2.0リリース
  • 3月、Flutter 2.0がリリースされ、正式にWebおよびデスクトップアプリのサポートが追加されました。このバージョンは、真のクロスプラットフォームフレームワークとしての位置づけを確立しました。
  1. 2021年 - Flutterのエコシステム拡大
  • Flutterのパッケージエコシステムが大幅に拡大し、多くのサードパーティ製のプラグインやツールが提供されるようになりました。これにより、開発者はより迅速かつ効率的にアプリを開発できるようになりました。
  1. 2022年以降 - 継続的な改善
  • Flutterは定期的なアップデートと新機能の追加により、継続的に改善されています。Flutter 3.0では、さらなるパフォーマンスの向上や新しいUIウィジェットが導入されました。

今からFlutterを始めることの優位性

  1. クロスプラットフォームの利便性
  • 一つのコードベース: Flutterを使えば、一度コードを書くだけでiOS、Android、Web、デスクトップアプリを同時に開発できます。これにより、開発時間とコストが大幅に削減されます。
  1. 高性能なUI
  • 美しいデザイン: Flutterは高性能なUIフレームワークを提供し、美しく直感的なデザインを簡単に実装できます。これはユーザーエクスペリエンスを向上させる大きなメリットです。
  1. 活発なコミュニティとサポート
  • 強力なサポート: Flutterのコミュニティは非常に活発で、質問に対する回答や新しいパッケージの提供など、初学者にも優しい環境が整っています。
  1. 将来性
  • Googleのサポート: FlutterはGoogleによって開発されており、今後も継続的なサポートとアップデートが期待できます。技術の進化に伴い、Flutterも進化し続けるでしょう。
  1. スピーディな開発
  • ホットリロード機能: コードの変更が即座にアプリに反映されるホットリロード機能により、開発効率が飛躍的に向上します。これにより、試行錯誤しながら迅速にアプリを改善できます。

Flutterで作られた代表的なアプリ3選

Flutterで作られた代表的なアプリを3つ紹介します。これらのアプリは、Flutterの強力な機能とその利点を最大限に活用しています。
Flutterで何ができるのか、その可能性を感じてください!

1. Alibaba(阿里巴巴) - Xianyu(闲鱼)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.taobao.idlefish&hl=ja&pli=1

  • 概要: Alibabaは、中国の大手eコマース企業であり、その子会社であるXianyu(闲鱼)は中古品マーケットプレイスアプリです。このアプリは、ユーザーが中古品を売買するためのプラットフォームを提供しています。
  • 特徴:
  • クロスプラットフォーム: Flutterを使用することで、iOSとAndroidの両方でスムーズに動作する一貫したユーザー体験を提供。
  • 高パフォーマンス: 高速なレンダリングエンジンにより、ユーザーに快適な操作感を提供。
  • リッチなUI: Flutterの豊富なウィジェットを活用し、美しく直感的なインターフェースを実現。
  • 利点: AlibabaはFlutterの柔軟性とパフォーマンスを活かして、効率的にアプリを開発・管理しています。

2. Google - Google Ads

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/mobile-app

  • 概要: Google Adsは、広告キャンペーンの管理と分析を行うためのアプリです。広告主はこのアプリを使用して、キャンペーンのパフォーマンスをリアルタイムで監視し、必要に応じて調整を行います。
  • 特徴:
  • リアルタイムデータ: 広告キャンペーンのデータをリアルタイムで提供し、即座に対応可能。
  • ユーザーフレンドリー: 簡単で直感的なUIにより、複雑な広告管理を簡単に行える。
  • クロスプラットフォーム: iOSとAndroidの両方で一貫した体験を提供。
  • 利点: GoogleはFlutterを使用することで、ユーザーにシームレスな体験を提供しつつ、開発とメンテナンスの効率を向上させています。

3. BMW - My BMW

https://www.bmw.co.jp/ja/topics/offers-and-services/bmw-digital-services-and-connectivity/my-bmw-app-overview.html

  • 概要: My BMWアプリは、BMW車のオーナーが車両の状態を管理し、リモート機能を利用するためのアプリです。ユーザーは車両の情報をリアルタイムで確認し、リモートでロックやアンロック、エアコンの操作などができます。
  • 特徴:
  • 車両管理: 車両の状態、メンテナンス情報、燃料レベルなどを一目で確認。
  • リモート操作: スマートフォンを使って車両のロック、アンロック、エアコン操作などが可能。
  • パーソナライズ: ユーザーの好みに合わせたパーソナライズされた通知とサービス。
  • 利点: BMWはFlutterを使うことで、ユーザーに対して高いパフォーマンスと洗練されたユーザーエクスペリエンスを提供しています。

まとめ

Flutterはその歴史とともに進化し、多くの強力な機能と利点を提供するようになりました。これからプログラミングを始める方や、新しい技術を学びたいと考えている方にとって、Flutterは非常に魅力的な選択肢です。今から始めることで、未来のアプリ開発の主流となる技術をいち早く身につけることができます。

ぜひ、Flutterの公式サイトやコミュニティリソースを利用して、最初の一歩を踏み出してみてください。あなたの創造力を活かして、素晴らしいアプリを開発することができるでしょう。

おまけ:クロスプラットフォームである特性上、iOS用のアプリ開発をする方は、当然ですがMacで開発する事をオススメします。なぜなら、WindowsでMacの開発環境を整えるのはかなり大変ですが、MacでWindowsやLinux環境を構築する方が簡単だからです。


参考リンク


この記事が少しでも皆さんの興味を引き、プログラミングの世界への第一歩となれば嬉しいです。Flutterについての質問や感想があれば、ぜひコメント欄で教えてくださいね!

最後に宣伝!


ここまで記事を読んでいただきありがとうございました!ベリーカブキアニマルズというキャラクターを普及する活動をしております。
日本の誇るIP、伝統芸能歌舞伎と世界の架け橋になるべくさまざまなコンテンツを作っていきます!

ぜひ応援、SNSなどもフォローいただけると励みになります。
また、応援いただける方はぜひエックスからご連絡ください。NFTなどもプレゼントさせていただきます。

フォローはこちらからお願いします!

ベリーカブアニマルズ

  • この記事を書いた人

Daichi

ブログは2021年から趣味で更新しております

-Programing