資本主義に生きながら、投資せずに人生成功するなんて無理ゲーです

資本主義に生きながら、投資せずに人生成功するなんて無理ゲーです

迷わない、とにかく買ってみる

一口に投資、と言っても投資商品は様々にあります。

ざっと並べるだけでも

株式、債券、不動産、金、小麦、外貨、仮想通貨…

特に、何を買うべきというルールもありません。

ただ私が初心者におススメしたいのは

とりあえず、いろいろ買ってみる。という手法です。

私の場合は、FXで為替取引から始めました

投資額も5万円程度で始めました。
何でもよいので投資のなかから思いついたものをやればよいのです。

リスクをとならないことがリスク

よくわからないものを買うのは危険、と考える人がいますが

それはその通りです。だから勉強はしましょう。

しかし、この資本主義社会で

投資をしないで生きていく方が危険なのは自明の理。

ご自分でやらなければ

決して実態を掴むことはできません。

リスクを限りなく低くして金融商品を買う方法もあります。
(この世界に絶対大丈夫はありません。)

とにかく初心者は、その商品の価値が下がったり、上がったりという

事実を見て、驚くと思います。なんなら思い切って損をしてください。

というか、損の可能性がないところに利益はないです。

そういう世界に踏み込む。それだけでやる価値があります。

投資をやったことのない人と、そうでない人では

その後の人生のスタンスの差が歴然と違ってきます。

これは100%断言できます。

投資は人生を変える手段だ

世界の富裕層で投資をせずに財を成した人は一人もいません。

逆に言えば投資こそが、財を成す唯一の道です。

世界のトップ富裕層は経営者が大半ですね。

ジェフベゾス、イーロンマスク、ザッカーバーグなど

彼らのように、起業家になることが富裕層への道

と考える人もいるでしょう。

ある面では正しいですが、微妙に違います。

正確に言うと

彼らが富を成した最大の理由は

経営する会社の株式を自分で保有していたからです。

自分の会社が成長すると、保有する会社の株式の価値が劇的に上がるため

彼らは財を成すのです。

決して毎年高い報酬をもらっていたから富裕層になったのではありません。
(サラリーマンと比べれば高いとは思いますが)

富裕層というのは、現金で全ての資産を保有しているわけではなく、

むしろ現金の割合は庶民よりも少ないのです。

資本主義に生きながら、投資せずに成功するなんて無理ゲーです

以上からも投資がなぜ大切なのかが

なんとなくわかってきたのではないでしょうか。

世の中には、ある程度の資金量がなければ投資は無意味

自分のビジネスを持て

などとあおる人もいますが、聞く必要はないです。

確かに、実際にマーケットを動かすのは

巨額の資金を投じられる投資家であることは事実です。
彼らはチャートを作り出すことができるからです。

しかし、少額であればやる意味はないという主張は間違っています。

どんなことも、やらなければ何もわからないからです。

正しい投資の経験や知識は、あなたの人生に100%プラスをもたらすでしょう。