僕がふる~いミニバンに乗りつづける理由

僕がふる~いミニバンに乗りつづける理由

今日は、6年間乗ったミニバンを車検に出してきた。
1日で終わるというが、代車の軽自動車が真新しくて感動した。

子育てに必要で安いから乗る

僕がミニバンに乗る理由は、子育てに必要で安いから。これだけだ。

田舎で小さい子供がいると、どうしても積載の大きな車が必要になる。
そこで、6年前に90万円で7年落ちの中古ミニバンを買った。
今ではめずらしくなったので、たまに同じ車とすれ違うと親近感を覚える。
レトロというには中途半端で、このくらいの年式が一番古臭く見える。
今ネットで見てみると20万円以下で売られている。なかなかの安さだ。

当時捻出できた現金20万円と、銀行から2%の金利で借りた70万円を併せて購入した。
5年ローンの返済はわかりやすく月1万円くらいになるようにしておいた。

あれから6年、すでにローンも完済したため、ついに維持費だけという状態になった。
さて、車は1年にどのくらいの費用がかかったのか?

これは一般論ではなく、この6年で実際に発生した費用から算出したものなので
かなり参考になるはずだ。

【1年間の維持費】
自動車税:5万円
車検代(積み立て):5万円
タイヤ代(夏冬2セット):4万円
ガソリン代:6万円
任意保険:4万円

計:24万円
※僕は寒冷地に住んでいるので、タイヤ代は中古で夏冬用2セットを3年使うという計算。

このことから多くの人にとって1台車を持つのにかかる維持費は
平常運転で20~30万円くらいと考えてよいだろう。

ちなみにうちは任意保険で自損事故に使える車両保険など入っていないので
事故れば修理代は実費なので、当たり前だけど、安全運転第一。

自動車屋さんの営業戦略には負けない、絶対!

今回、車検は1日で終わる予定なのだが、その間にお借りした代車が
ダイハツのタントという軽自動車だった。ん?なんか匂いが違う。
取説を見ると、なんと!
昨年登録したばかりの真新しいモデルではないですか。

車内も広いし、本当に快適な乗り心地で。なんかすごいな。
やっぱり新しい車はめちゃくちゃ良いな~、と心から思った。

もともと車に興味がなくても、見栄は人一倍強い僕。
ふる~い車に乗ってるのははっきり言って恥ずかしい。
知人にはできだけ会いたくない。
どうせ乗るなら、僕だってやっぱり新しくて奇麗な、お気に入りの車に乗りたいんだ!

不覚にも消費意欲を刺激されてしまった。代車で釣るとは営業うまいな。
ちょっと、ネットで調べてみると・・・140万円。
高。高すぎる!いや、車としては高くないのかもしれないが、相場がよくわからない。

速攻で消費欲求は切り捨てた。
とにかく資産形成のためにあと2年はこのミニバンに乗っていくことを再度心に誓う。
1日だけだけど、雨だけど、この新しい代車でドライブでもしよう。

追記:
結局、ミニバンはヘッドライトが壊れていて、1日では車検から帰ってこず
3日間タントが使えることになりました。少しだけ長く、疑似新車ライフを楽しめてラッキーです(^^♪
しかしタントはすごいですね。車いすを乗り込ませるスロープがついていて感動しました。