キャンプ、炭火。得られるものすべて。

キャンプ、炭火。得られるものすべて。

夏山でキャンプ。小さな七輪で炭火を起こした。
久しぶりなので火おこしについて忘備録を記す。

火をおこす

1 着火

2 燃焼

3 消火

 火は、小さな火種を徐々に大きくしていくようにイメージすると良い。
始めから大きな火をおこすことは難しい。

1 着火

 着火には、火種となるものを用意する。
市販の着火剤を使用すると楽に長く燃焼してくれる。
落ちている小枝を使っても良い。とにかく小さく燃えやすいものを燃やす。

2 燃焼

 小さめの炭に火をつけ、少しずつ大きな炭を加えていくと早く火が回る。
何なら炭のチップみたいなものから燃やしても良い。炭は徐々に大きくする。
炭から炭への火の移り方の方が何となく早い。

3 消火
 火は酸素の供給を閉じるとすぐに沈下する。ただし、高熱はしばらく続くので十分に注意する

野外キャンプのメリット

 キャンプは、野外という非日常的な場所で、素早く快適な居住空間を構築する技術といってよい。大それたものでも、カッコよいものでもある必要はない。快適さをどこまで求めるかは人による。自分にとって快適であればよい。回数を重ねると、滞在に必要な物、不要なものが見えてくる。
キャンプを終えて自宅に帰ると、いかに快適なのかが衝撃的。あんなに文句を言っていたのが申し訳ない。
非日常を味わうことで、日常が輝いて見える。
それがキャンプのすばらしさ。

以上。